お問い合わせ お問い合わせ 新型コロナウィルス対策について
PAGE TOP

product introduction product introduction

商品紹介

内子産生しいたけ

  • 商品

    ①菌床しいたけ 100gP
    ②菌床しいたけ 240gP
    ③菌床しいたけ 2個P
    ④菌床しいたけ 70gP
    ⑤菌床しいたけ 200g袋

    内子「白壁の街並み」のシールが目印です。
    パックと袋詰め2種類あります。
  • 施設

    愛媛県 内子町

    自然豊かな環境の中での栽培施設
  • 材料

    樹種(しい・クヌギ・なら)ふすま(小麦の製粉工程で取り除かれる小麦の皮の部分)
    が椎茸栽培に必要な菌床の原料です。
  • 混合

    クヌギ・ナラなどのチップに栄養剤(ふすま)を混合します。
  • 菌床ブロック

    栄養剤を混合したチップを含水率65%程度にして袋詰めし
    加熱処理します。
    雑菌がいないクリーンな菌床を作ります。

    無菌室で、接種を行います。
  • 培養

    発生期間は、約4か月 ひとつの菌床から 約5回収穫できます。
    この期間中も温度・湿度を管理して、しいたけが成長しやすいようにしていきます。
  • 収穫前/生育状態

    培養から4か月後に、菌床からしいたけの発生が見られます。
    施設の中には、次から次へと発生してきています。
  • 収穫直前

    肉厚のしたけが、美味しいといわれてます。
  • 産地訪問

    農産事業部 森崎一男さん

    (株)フジ・アグリフーズ
    第一営業部 山口

    定期の視察訪問で、品質・生育・規格の打ち合わせをします。
  • 収穫・選別

    選別作業
    収穫作業
    大きさ別に選果しながら収穫作業
  • 加工作業

    商品化
    品質を確認しながらの手作業袋詰め

    自動パック機での最終商品化をしています。